相変わらずずっとつかれてる

みーさんペロちゃんこんにちは。初老の人妻です。

 

給料日まではまだまだまだまだ日があって、けっこう気が狂いそう。

自業自得ではあるけれど、つらいもんはつらい。

 

あと職場でもTwitterでも、やっぱり自分は文句ばかり垂れてなんもしてない感じがしてきたのもつらい。しゃべんなきゃいいのにって思う。

でも同時に、うるせーって思う。(*´σー`)エヘヘ

酒やめても直らないところは直らないんだな。びっくりしちゃったけど。たまに恥ずかしくって、でっかいハンマーかなんかで自分の頭をぐしゃっとつぶしてやりたい衝動に駆られるよ。もちろんやらないしやりたくないけど、ほら、黒歴史を急に思い出した時みたいにさ、ああああああああああああああ!!!ってなるじゃん。

ならない?

でも自分で恥ずかしいと思いまくってるわりには、特に後悔していることもないんだな。いや、することもあるけど、過去が変わったら今の自分もないし……ってそっちのがよくね?あれ?いやそんなことない。そしたらこうやって日記書いてないし、お2人とTwitterで話してないもん。だからいいの。

ただ、とにかく自分の存在が恥ずかしいみたいなの、ほんとつらいから変えたいな……。根っこのところでは自分が嫌いじゃないんだけどな、多分。

 

さて、貧乏よ。いつまで貧乏なんだろうな。お金要らない生活がしたいな。

稼ぎたいんじゃなくて、金要らねえって言いたい。ムズカシネ。

なんか、もしかしたらそろそろグリーンカードの返事が来るかもしれないんだって。もし最初の審査に通ったら、人間ドック的なやつとかやらなきゃいけないし、英語で面接受けたりとか、さらに金がかかったりとか、金金金ですよね。

 

まああれだよ、やっぱりいわゆる大人にはなれないよ。合わせることも必要ったって、それがよいことだと思えなければ合わせたくないよ。

他の人がそれで幸せだっていうならしょうがないけど。今日も頭がぐちゃぐちゃな初老の人妻でした。

 

anti

 

 

 

 

しらふって…

 しらふってなんだろうね。常に脳内麻薬が出ているのだし、それが出なくなったら脳の病気なのにね。
 しらふをググってみても「酒を飲んでいない状態、酒に酔っていない状態」しか出てこないよ。つまり飲酒専門用語なのかな。そうじゃないだろう。辞書の定義が実態に追いついてない。酒以外の全てのドラッグも含めて「摂取していない状態、影響下にない状態」として使われてるよね。
 俺は処方箋薬を飲み続けているから、初診日の2012年10月以来、ずっとしらふではないんだ。
 一度、発狂トリップでこの世が終わったことがある。この世の全てがあるべき場所にぴたりとはまって、全てに納得できて、渦巻きながら一点に集約して、消滅して後、永遠に続いてもいいと思えるほどの安堵と心地よさがしばらく続いた。でもトリップから覚めたら何も終わっていなかったし、部屋がめちゃめちゃに荒らされていた。鍵は閉め切りで閉じこもっていたのだから自分が無意識に暴れたのだ。幻覚なんてもんじゃない。現実が違ってた。
 脳内麻薬って他のどんなドラッグよりも強力だ。良くも悪くも。脳次第で主観的現実はどうにでもなるということを身をもって体験した。現実は脳が作っているのだから当たり前だけどね。だから何が起こってもおかしくない。体験には本当も嘘もなくて人によって違うことがあるというだけ。
 どうしてしらふが良いこと、健康なこととされてるのかわからない。人間の一生、しらふである時間など一瞬たりともないのだ。むしろ逆なんじゃないかと思う。人間は常に狂ってて、ある種のドラッグは一時的に正気をもたらしてくれる。俺の主観的な思い込みだろうか。それをアルタードステイツとかアウェイクニングとか言うのは大げさだと思うけど。
 もしも本当にしらふだったらどうなるかね。脳内麻薬の分泌もなく報酬系が一切機能しなかったら?

 地獄だと思うな。

 苦労信仰や精神論根性論の人は、それが実現したら喜ぶかね。そうは思えない。みんなこぞって自殺に走ると思う。
 各種ドラッグの危険度、有害度を比較することが当たり前のように行われているけど、俺はそんなもん人それぞれで意味がないと思ってる。それに、危険なドラッグのジャンキーになってそれが原因で死んだとしても、だから何?って思う。それも一つの人生だし、その人自身はそれで幸せかもしれないじゃないか。危険だから規制するとか大きなお世話だ。
 俺は一人で酒を飲むのはやめたけど、それは健康のためでもないし、酒が悪いからでもない。酒の快楽をその後の不快感が上回るようになったからにすぎない。酒やつまみに金がかかるというのも理由の一つだし、めんどくさくなったというのが一番の理由かな。
 飲まないでいたら酒に強くなった。兄と会うときは飲み放題飲むけど、ビールぐらいじゃほとんど酔わない。日本酒をプラスすれば別だけど。やめた俺は酒に強くなって、アル中で毎日飲んでる兄は逆に酒に弱くなってきたそうだ。たぶん肝機能の違いだろうね。兄は毎日飲んでるから肝臓が弱ってきてアルコール分解能が低下してるんじゃないかと思う。
 まあ酒の話はどうでもいいね。

 世間ではしらふが美徳みたいだけど、俺はしらふなんてないという考えだし、フツーの意味でのしらふもできる限りなくしたい。常に何か摂取してトリップしていたいな。
 でもね、あらゆるドラッグへの関心が薄れてきてるのも事実なんだ。なんでだろうね。もう十分なのか、全ては脳次第だから思索で満足なのか、それとも単にめんどくさいのかな。でも毎日吸っていたいのも確か。矛盾してる。

 最後に近況報告でも少し。
 ご存知の通り最近は鬱だね。Netflixと食事と睡眠に逃避してるような生活で、旅行の準備もちっとも進んでない。日本脱出はおろか旅行の計画すらできない状態。先のことを考えると、最悪のシナリオばかりが思い浮かんでしまって計画が立てられない。鬱状態なんて何度も何度も繰り返し経験してるのに、未だに有効な抜け出し方がわからないし、前回どうやって抜け出したのかも思い出せない。待つしかないのかな。
 そんなだから何の進展もなくて考えたことを書くしかなかった。体は何も異常ないからそのうち復活するだろう。ご心配なく。

mi

9月18日水曜日

吸い曜日〜〜❤️❤️

じゃねぇよこちとらカラカラだわよ!

 

前の日記から少し日が空きましたが、

昨日は恋人の誕生日だったのでささやかなお祝いをしました

なんだか ブログに生活の愚痴を綴りすぎたせいか 凄く情緒不安定な毎日を送ってるかと思われちゃいそうなんだけれど (いや、そうなんだけどさ)一方で決してそんなことはなく、寧ろ外的要因に攻撃されたり、どちらか片一方が大きなストレスを抱える事案が発生するだとか  

そういったことがなければ特別こじれることもなく 寧ろ関係はすごく良好で、なんだただの最強な二人か。とか思ったりもするわけだ

あとはこれは我々の課題なのだが金銭面のトラブル(要は、壊滅的なまでに金の管理が出来ない。一旦プランが崩れると立て直すのに途方にくれてしまうし管理もなかなか難しい。)お互い自覚は痛いほどあるので、改善されていく予定。。

先日こじれた話は、要は金がらみ 仕事絡み そこに絡まる人間関係絡み

 

雨降ったかどうだかは知らないけど多分地は一旦立てるくらいにはなってる

 

なんとなしに去年の今頃から今を振り返ってみたんだけど、

結構色んなことがあったなわたし、と思って

我ながらふむふむとなる

仕事を辞めて、人の奥さんっていう立場を返上して、それにあたっていろいろあって

結局こうして自分の元々の資質というか病巣というか、と、向き合ってみている

なかなかにめんどくさいけどこうやって振り返れる日があるだけマシになってきている

 

あとあれだね、やっぱり、大麻もそうだけどみんなもっと幻覚剤くうべきだと思うよね

 

あれ?結局ペロちゃんの話ヤクブツじゃん

まぁな

 

だって好きだもんドラッグ。今もタバコ吸ってるし(ベランダ

 

こういうフラットな日が続けばもっと自分に目を向ける余裕が生まれるんだろう、

そして色々と改めることができるんだろうな。

 

贅沢は言わない

月に40グラムの大麻と 10枚の幻覚剤があって衣食住滞りなければそれでいいのだ

 

それが一番難しいんですよ(ね〜〜〜〜!

 

pero

 

 

 

The name is...

 最近、アーティスト名であるStanda1oneに違和感を感じるようになり、変えたくなってきた。Standa1oneという名前を考えたのは二十代のころだったと思う。
 二十代のころも、今の活動を始めたときも確かに孤独だったし、standaloneには自立、独立という意味もあるので、ならば一人で立ってやろうという覚悟を込めて名付けた。しかし意味のある名前にしてしまったために、自分が変化して合わなくなってきた。
 今の自分はもう独りではないのだ。

My artist name is Standa1one.
But now I don't stand alone.
I am NOT alone anymore.

 すでにStanda1oneの名で何年も活動し、個展までやってしまったので、急に変えるわけにはいかないけど、段階を追って徐々に変えようかとも思う。新しい名前は、なるべく無意味で自分を縛らず永続的に使えるものがよい。となると一番いいのは本名かもしれない。本名にも誰かが勝手に込めた意味があるし、気に入っているわけでもないけど、新しい名前は新しい束縛になる。それならすでに葛藤を経て違和感を乗り越えた本名を使うのが一番楽かもしれない。
 まずは“Standa1one(本名)”にして、次に“本名(Standa1one)”へ、最終的には本名だけに、時間をかけてゆっくり移行しようかな。でもその間名前が長くなってしまうな。

 少し悩むところ。名前なんて識別できればよいのだから、定着すればなんでもいいとも思う。しかし、Standa1oneの名は居心地が悪くなってきた。

 もう少しよく考えるか。

mi

斜め前向きくらいにはなれる

自分なりに頭ん中が忙しくて、ちょっと久しぶりに書くような気がする(でもきっとそうでもない)。

私は基本的に後ろ向きで、それも悪くないくらいに思っていたところがあるんだけど多分良くはない。なので最近の出来事を、なるべく前向きに書き出してみようと思う。なるべく。

 

まずお2人のことに関しては、もうほんとに一緒に日記やってくれてありがとうってな感じでとってもうれしい。私もこうやって振り返り(昔カウンセリングを受けていた時やってたな、振り返り)ができて助かってる。

つまりこれもカウンセリングと同じような効果が期待できる。我々は天才。

 

2か月も無職で、その間もちろん求人を毎日見てはいたのだけれど、傍から見たら確かにそこまで真剣に探していなかったとは思う。夫には本当に申し訳ないことをした。彼が一生懸命働いている間、私は何もしていなかった、ことが多い。

自分なりにがんばっているつもりではあったが、それにしても、自分の気持ちをきちんと伝えられていなかったり、相手の気持ちをもっと考えようとしていなかった。これは一昨日大泣きしながら話し合って、だいぶ解決できたかと思う。

何か起こって話をすると、つい言い訳だらけになってしまう。自分をかわいがりすぎているというか。自分勝手なところが多い。どんな会話も自分の話にしがち。

人を助けて、助け合って生きていきたいと思っているはずなのに、一番近い人の心を放置していたのではないか。っていつもこうなるんだ。わりと真面目に悩んでいたんだけど。逃げる割合が多すぎるんかね。

ただ、こんないいかげんなペースで職探しをしていたので、今のバイトが見つかったわけで、他のあまりやりたくない仕事で不採用になってくれたのもラッキーだったし、この仕事がどのくらい楽しいか、それともクソなのかはまだわからないが、まあよかった。営業は今んとこちっとも好きではないが、これも自信につながって、今後のライター業に役立てばいいなとか思う。

 

タバコをやめたのはいまだに残念なんだけど、まあお金は浮く。不整脈もこわかったし、とにかくさっさと吸わなくても余裕になりたい。イラつくのはめんどうだ。

 

ところで死ぬのが怖いっていうのが納得いかない。この世はひとつで、自分の死はあくまでも自分の一部の死でしかないわけで、だったらなんで怖いんだろう。その「ひとつ」が目に見えないからか。そんで我々は大きなくくりの自分を成長させるために生まれたり死んだりしているんだろうとは思うんだけど、もうちょっと納得できると楽になる。

そしてこういうことを考えていると、ますます日々のちまちましたことが無意味に思えてくる。でも無意味なことなんてないんだろうし、って思うのも無意味なのかも。流れに逆らわないのは賛成だけど、だからってなにもできないわけじゃない。おお、またファ~ってなっちゃう。足りない脳みそ、でもそんなに悪くはないはず。

 

つまり自分にも他人にもやさしくいたい

 

anti

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイみなさんお元気

アンちゃん!祝・社会復帰!仕事見つかって良かった!おめでとう!

みーさんのタイ調査着々と進んでいていいね、こちらも引き続きわくわくします

 

わたしは躁鬱を行ったり来たり、鬱多めという感じなのだけれど 最近その振り幅が小さくなってきたような体感がある

寛解だとかは求めていないけれど 今よりも生きやすくなるならば と思う

まず外出に対する不安が小さくなってきたように思うのだがそれは前夫からのプレッシャーが軽くなってきたことからかなと考えている

それでもまだ社会不安は大きく鬱の波も穏やかとは言えないので就労できるかどうかは正直不安でたまらない。つい強がって働くよと言ってしまうのだが、日雇いの仕事でさえ勤まるのかどうか微妙なところ。

土地を知らないという不安も大きいのだろう。なのでここ数日はなるべく用事を作り外に出るようにしている といってもできない日はできないのだがね

場所に愛着を持つということの大切さを今更になって痛感している。自然に慣れる、愛着が湧くだなんてことはなく、能動的に動いて初めてそういった感情は湧き出るものだ

 

前々回クリニックに行った時、

ADHDの衝動を抑える薬というので漢方の『抑肝散』という薬を処方された。

ストラテラコンサータの類の薬を服用することを嫌だと主治医に伝えたところ出てきたのがこの薬だ。

たしかに効果は柔らかいがおさえられる。人に迷惑をかけることは減っていくのかなと思う

服用を続けることで状態が変わったり就労可能な状態になるかもしれない。

だがそれ以上にわたしは精神科の薬が怖い。必要以上に嫌っているという自覚もある。

だけれど嫌いだ。なんと言われようが信用はできないし できることならば飲みたくない。

抑肝散だって漢方ではあるが 効くということはもちろん『かえし』があるのだ

私は人一倍そういったものに敏感になってしまっているだけなのかもしれない。

いつもの通りにまとまらない文章になってしまっているけれど気にしない、ブログであり交換日記なのだし。

 

どういう療法が自分に合っているのか、どうすればもっと自分のやりたいように人生をあゆんでゆけるのか

少し前なら頭から煙が出るほど考えてしまっていたものなのだがそれはやめることにした。

考えすぎてループにはまり、なにも行動に移せなくなるのは私の場合は 症状だ と判断したからだ。

かといって思考を止めることはできないので悪戦苦闘蛙鳴蝉噪といったかんじなのだが

ここでまぁいいやと先延ばしてしまうとまた後の自分が泣くのはわかっているので

考えることをやめて、無駄な不安を引き寄せないようにしているつもりだ

 

日々を楽しむ努力をしなければ。

休むことも、楽しむことも苦手だ

だから各種薬物の力を借りる。しらふのわたしなんて本当につまらない人間だろう。

だがしかし 別にいいのだ

そういったものを扱うのには幸い慣れているし、無茶もしない。

 

前に恋人に言われた悲しい言葉を思い出した、『所詮ドラッグ』いいのだ、それだって、なんだって楽しむことができるのなら。

 

昨夜恋人に本当にひどいことを言われたことを今また思い出した。

言われもないことを急に言われてきょとんとしたもんだ。彼がなにを考え、思いその言葉を発したのかは説明も弁明も解説もなければ注釈も勿論付いていないので わけがわからないけれど、

そういう信頼関係なのだろう。ということにした。考え過ぎること を やめる を実践しているのだ。

 

また内容がごちゃごちゃしてしまったのと

昨夜眠れなかったったので眠気かきた

 

アラームをセットして少し寝ることにする。

 

Pero

旅の準備①

 タイ下見旅行の準備を進めておこうと思っているのだが、はて、どこから手をつけたらよいか。いたずらに航空券やホテルの価格を見てもしょうがない。まずは行き先を決めなければ。タイは思ったよりずっと広い。特に南部などはマレーシア国境へ向かって細長く伸びている。成田バンコク間の往復は単純だが、タイ国内での移動が大変そうだ。1回の旅行で北部と南部を両方見るのはつらいものがある。旅慣れた人ならば各地を転々とすることもできるだろうが、俺は旅行が好きなわけではない。観光名所には興味がないし、長距離移動も最小限にしたい。できれば1ヶ所にとどまってのんびり過ごしたい。だが今回の旅行はただの遊びではなく、将来住むかもしれない場所の下見が主目的なのだ。たくさん移動するのは無理だが、せめて2~3ヶ所ぐらいは見ておきたい。1ヶ所目は必然的に我が先達の住むバンコクに決まっている。飛行機が到着するのもバンコクだ。
 通院が4週に1度なので、旅行の期間は20~25日程度だ。バンコクの他に1ヶ所か2ヶ所、俺の旅行能力ではそれぐらいが限界だろう。それ以上増やしたら、移動で疲弊するだけで下見どころではない。
 始まりの始まりとして、Googleマップで「Thailand」を検索し、国単位のスケールで眺めている。中国が近く見えるのが気になるが、隣接しているわけではないので、地図で見るイメージよりは距離があるだろう。
 航空写真に切り替えてバンコクをズームアップしてみる。緑がほとんどない。この大都会の真っ只中に住む気にはなれない。仮に利便性重視でバンコクに住むとしても、郊外でなければ耐えられそうにないし、中心部は当然家賃も高いだろう。
 ふと気になって「東京」を見てみた。灰色の地獄のようだ。住みたくない都市第一位。
 タイに戻る。聞いたことのある地名を思い出してみる。バンコクチェンマイプーケット、それぐらいしかない。単純に考えて、真ん中のバンコクが大都会、北部のチェンマイが山、南部のプーケットが海と大まかに分けられるかもしれない。ビーチリゾートにも魅力はあるが、俺は海よりは山派だ。それに普通考えないかもしれないが、海が近いと津波が怖い。決して非現実的な可能性ではないと思う。
 チェンマイにズーム。都市であることに変わりはないが、周辺は山に囲まれている。別に山に入るわけではないが。しかしバンコクから距離があるので移動が気になる。ルート検索してみたところ、電車やバスを乗り継いで13時間55分と出た。恐ろしい移動だ。チェンマイにも国際空港があることを発見し、格安航空券を見てみたが、成田との間に直行便はないようで、乗り継ぎで10時間~20時間以上かかる。そんなに長時間エコノミークラスに閉じ込められているよりは陸路で移動したほうがましそうだ。しかし通院等のために日本へ戻るたびに、空港まで14時間以上かかるというのはつらい。
 するとやはり住むとしたらバンコク郊外しかないだろうか。
 下見旅行の調査をしているが住む場合のことも同時に気にしている。日本へ帰ることなくタイに永住できるのならどんな僻地でもよいが、そうはいかないので結局バンコク郊外だろうか。
 インドア派だから家賃さえ手ごろであればバンコクでも問題ないかもしれない。
 だが今回は旅行だ。バンコクの他にもう1ヶ所ぐらい予定しておくか、またはバンコクにしばらく滞在して気が向いたら行ってみるという姿勢でもよいかと思う。

 眠くなってきた。今日の進捗としてはこの辺でいいだろう。昼寝してからNetflixでも観よう。

mi